陣痛時にタクシーを利用した場合、タクシー料金を助成します

公開日 2021年06月09日

更新日 2021年06月09日

 陣痛がきたとき、病院まで連れて行ってくれる人が近くにいない…

そんなとき、タクシーを利用できることをご存知ですか。

 玉村町では、陣痛時にタクシーを利用した場合、かかったタクシー料金を助成(上限1万円)します。

対象となる人

令和3年4月1日以降に出産された妊婦で玉村町に住民票がある方のうち、以下の①~③のいずれかに当てはまる方

①陣痛時に病院まで連れて行ける人がいない方※里帰り先での利用も含む

②転倒・出血等で緊急で受診し、お産に繋がった方

③その他妊娠中のトラブルで緊急で受診が必要になった方(申請時にご相談ください)

申請方法

タクシー料金をお支払い後、保健センターに申請してください。

陣痛タクシー申請様式[PDF:80.4KB]

申請に必要なもの

①タクシー利用時の領収書

②母子手帳

③振込先口座の通帳

④印鑑

⑤申請様式(申請時に窓口で記入できます)

注意事項

・申請は1回の妊娠につき1回のみです。

・お産に繋がらず、一旦帰宅した場合も対象となりますが、復路は助成対象になりません。

・領収書の日付から1年以上経過した場合は申請できません。

・利用するタクシー会社によっては、事前に登録が必要な場合があります。詳細はチラシをご覧ください。

陣痛タクシーチラシ[PDF:1.13MB]

この記事に関するお問い合わせ

健康福祉課 保健センター 健康管理係
住所:〒370-1192 群馬県佐波郡玉村町大字下新田201
TEL:0270-64-7706
FAX:0270-65-2592

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード