おたまちゃんとたつながさまの活動日記2015年7月

公開日 2019年10月30日

更新日 2019年10月30日

2015年7月

7月28日火曜日

たつながさまの顔こんにちは。たつながだよ。

7月23日に毎年恒例の埴輪作りを開催しました。

小学生1年~6年生までが参加してオリジナルの埴輪を作ったよ。

 埴輪作りの写真

完成品は8月20、21、22、23日の4日間、歴史資料館にて展示するので、みんなも見に来てね。

7月22日水曜日

おたまちゃんの顔こんにちは。おたまです。毎日暑いわね。

 

今日は玉村町に伝わる地域のお祭りを紹介するわ。

まずは角渕地区に伝わる祇園祭。

今年は7月11、12日に行われたの。

 角渕の屋台1 角渕の屋台2

堀東組と堀西組の屋台が地区内を巡行したわ。

 ぶっこみの写真

こちらが祭りの一番の見せ場であるぶっこみ(お囃子の競い合い)よ。

とても盛り上がっていました!

 

続いては、箱石地区の地蔵祭。

7月19日に地蔵担ぎが行われたの。

 地蔵祭のお地蔵様

箱石地区の小学生(3年生以上)の男の子が参加するのよ。朝から暑くて子ども達も大変だったわね。

 お地蔵様に祈願

地域の人々はお地蔵様に無病息災、家内安全を祈願しました。

7月14日火曜日

たつながさまの顔こんにちは。たつながだよ。

今月号の広報「タイムスリップinたまむら」のコーナーは読んでくれたかな?今回は平安時代編をお届けしました。

 

平安時代にも浅間山が噴火していたんだよ。

天仁元年(1108)の噴火についてくわしく書かれている記録があるんだ。

中御門宗忠(なかみかどむねただ)という人は自身の日記「中右記(ちゅうゆうき)」に、上野国司の上申状の主旨を次のように書きとどめていたよ。

「上野国にある浅間山という高い山は治暦(ちりゃく)年中(1065~69)から細い煙を上げていましたが、その後はわずかでした。ところが今年7月21日から猛火をふき上げ、山嶺(さんれい−山のみね)を焼いて、煙は天にとどく勢いであり、沙礫(されき−砂や小石)は上野国中に満ちていますし、火山灰は国庁(国府の役所)の庭にも積もっている。このような状況で国中の田や畑は全滅状態です。」

 ショックをうけるたつながさますさまじい噴火の様子が想像できるね。

ちなみに、上野国というのは今の群馬県のこと。7月21日というのは旧暦で、西暦でいうと9月5日にあたるよ。稲穂の開花期にあたり、稲は壊滅状態におちいったようだね。玉村町域でも40センチくらいの火山灰が降ったとされているよ。

 次に浅間山が大噴火するのは、江戸時代の天明3年(1783)なんだ。

このときの被害も大変大きくて、その様子はまた次の機会にね。

7月13日月曜日

 おたまちゃんの顔こんにちは。おたまです。

開館20周年記念事業のお知らせです。

玉村町歴史資料館は平成7年5月5日に開館して今年で20周年を迎えました!

そこで、記念事業として歴史資料館のキャッチフレーズを募集中です。

皆さんの力作をお待ちしています!

また、夏休みには玉村っ子歴史探検隊も開催します!

探検隊の隊長はたつながさま、副隊長は私よ。

現在、探険隊レポーターを募集中なので、歴史好き、探検好きのみんなはぜひ応募してね。

玉村町の歴史や文化財にふれあう良い機会よ。

※町内の小学4年から6年生が対象です。

この記事に関するお問い合わせ

生涯学習課 文化財係
住所:〒370-1105 群馬県佐波郡玉村町大字福島325
TEL:0270-30-6180
FAX:0270-30-6183