福祉医療制度が改正されます(平成31年4月1日より)

公開日 2019年03月01日

更新日 2019年03月01日

福祉医療制度が一部改正されます

 重度心身障害者資格、高齢重度心身障害者資格をお持ちの方は、平成31年4月1日から入院時食事療養費の助成対象が変更となり、限度額適用認定証が必要になります。助成対象は住民税非課税の方(世帯)です。

限度額適用認定証を提示しなかった場合は、食事療養費は自己負担になりますのでご了承ください。

なお、薬の容器代や文書料(診断書等)などの雑費や保険のきかない治療、夜間休日救急外来の時間外料金や紹介状なしで受診した場合の受付料(選定療養費)などは、福祉医療の対象外です。

seidokaisei

seidokaisei2

gendogaku

償還払い

 群馬県外の医療機関を受診する場合は、保険証(と限度額適用認定証)を提示して、医療機関窓口で医療費の支払いを済ませてください。後日、申請により福祉医療が負担する部分を還付することができます。ただし、限度額適用認定証を提示せずに食事療養費を支払いした場合は、還付から除外されます。

福祉医療費の償還払い

ダウンロード

制度改正について [PDFファイル/176KB]

限度額適用認定証について [PDFファイル/157KB]

この記事に関するお問い合わせ

住民課 国民健康保険係
住所:〒370-1192 群馬県佐波郡玉村町大字下新田201
TEL:0270-64-7702
FAX:0270-65-2592

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード