全国地震動予測地図2020年版の公表

公開日 2021年04月01日

更新日 2021年04月01日

全国地震動予測地図2020年版が公表されました

地震調査研究推進本部事務局から、標記について公表されました。

本資料では、各地点がどの程度の確率でどの程度揺れるのかを地図に表しております

M8からM9の規模で発生すると言われている南海トラフ地震は、今後30年以内に70%から80%の確率で起きると予想されています。

また、M7程度の規模で発生すると言われている首都直下型地震についても、今後30年以内に70%の確率で発生すると予想されています。

玉村町においても最大震度6弱程度の地震が発生する可能性は低くありません。

この「全国地震動予測地図2020年版」や「玉村町総合防災マップ」をご覧いただき、日ごろの備えをお願いします。

2020年版の特徴

日本海溝沿いのプレート間巨大地震や南海トラフ沿いで発生する大地震について従来よりも震源域の多様性を考慮したモデルに変更 など

地震予測図を見るときの注意点

  • 「確率が低いから安全」とは限りません
  • 地震動予測地図には不確実さが含まれています

資料

全国地震動予測地図2020年版_作成条件・計算結果編[PDF:1.64MB]

全国地震動予測地図2020年版_地図編[PDF:1.26MB]

この記事に関するお問い合わせ

環境安全課
住所:〒370-1192 群馬県佐波郡玉村町大字下新田201
TEL:0270-64-7708
FAX:0270-65-2592

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード