玉村町のシンボル

公開日 2015年11月19日

更新日 2015年11月19日

町章町章

玉は玉村町の玉を表わし、それと翼を組み合わせ、飛躍する玉村を象徴したものです。昭和41年に応募作品の中から選ばれ、制定されたものです。

モニュメント「玉」 モニュメント「玉」

大きな玉の中に小さな玉。赤い玉は大切なものを意味します。人人を結びつける優しい、思いやりのある暖かい心です。黒い玉は人間の意志を表わします。人々の誠実な、強固な意志により「大切なもの」は守られます。人間の和、叡智を象徴する玉村町のシンボルです。

モクセイ 町の木「モクセイ」 バラ 町の花「バラ」

 昭和52年7月の玉村町新町施行20周年記念の際に、町民憲章制定と共に「町の木と花」としてモクセイとバラがそれぞれ決定されました。選考にあたり、事前に町民アンケート調査が行われました。モクセイについては、当時町に多く存在していたこと、芽吹きが良く、力強い印象があること、比較的管理がしやすいこと、香りが良いことなどの理由から選ばれたようです。バラに関しては、高価であったため、一般家庭にはあまり見られなく、高級感があり「憧れの花」的な存在だったことからきているようです。
共に町の気候・風土に適しており、その後公共施設に植樹されたり、イベントやお祭の際、町民に配られたりしました。
なお、あまり知られていませんが、同時に推奨する花として「さつき」と「つばき」が、推奨する木として「クロマツ」と「けやき」が選ばれています。

    この記事に関するお問い合わせ

    総務課
    住所:〒370-1192 群馬県佐波郡玉村町大字下新田201
    TEL:0270-64-7712
    FAX:0270-65-2592