ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 健康福祉課 > 熱中症に注意しましょう

熱中症に注意しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月30日更新

熱中症とは

高温多湿な環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能が上手く働かず体内に熱がたまり症状があらわれます。正しい知識を身に着け、事前に予防することが大切です。

熱中症の症状と重症度

軽度

中等度重度

めまい

立ちくらみ

筋肉痛

大量の発汗

頭痛

吐き気

倦怠感

虚脱感

呼びかけに対し返事がおかしい

意識がない

返事が鈍い

けいれん

 ・熱中症にかかる人の多くは、その日の体調が影響しています。

 ・特に朝食欠食・栄養不足・睡眠不足などによって危険性が高くなります。

 ・気温がそれほど高くない日でも、風が弱い日や身体が暑さに慣れていないと体温調節が上手にできないので注意が必要になります。

熱中症予防のポイント

 ・こまめに水分補給をしましょう。

 ・日差しの強い時間帯の外出はできるだけ避けましょう。

 ・外では通気性のよい服装、日傘や帽子を着用し直射日光を避けましょう。

 ・室内ではカーテンやすだれなどで日差しをカット。エアコンや扇風機を適切に使いましょう。

 ※就寝中に熱中症になることもあるため、寝る前の水分補給も大切です。

  普段の水分補給は水やお茶で十分ですが、汗を大量にかいた時には、塩分を補給すると効果的です。アルコールは利尿作用があるため、アルコール飲料以外で水分補給を行いましょう。

熱中症の疑われる人を見かけたら

 ・涼しい場所への避難

  風通しの良い日陰やエアコンが効いている室内など涼しい場所へ避難させます。

 ・身体を冷やす

  衣服をゆるめて保冷剤やぬらしたタオルで身体を冷やしましょう。(特に首回り、わきの下、足の付け根など) 

 ・水分・塩分の補充

  自分で飲み物を飲めるのか、飲み物を持つことができるかどうかも観察しましょう。

 ・症状の確認

  休ませるときは一人にせず誰かが付き添いましょう。

 ※症状が改善しない、または症状が重度な場合は、受診させるか救急車を呼びましょう。

  軽度から重度になる場合も多いので、状況を見て早めに受診をさせましょう。

熱中症に関する情報

 群馬県の高温注意情報が確認できます。 気象庁のサイトへ

 環境省熱中症予防情報、暑さ指数が確認できます。 環境省のサイトへ