令和3年 麦秋の風景

公開日 2021年06月08日

更新日 2021年06月08日

町内の水田では5月中旬以降、麦が黄金色に輝く「麦秋」の風景がみられます。
令和3年の見頃は、5月下旬から6月中旬頃までとなっています。

 【今年の様子】

令和3年5月20日の国道354号バイパス北側から水道塔を望む様子

 国道354号バイパス北側から水道塔を望む風景(令和3年5月20日撮影)

令和3年5月20日の芝根地区の大麦(六条)

下之宮付近の様子(令和3年5月20日撮影)

令和3年6月1日のたまむら営農センター周辺の様子

福島地区からJAたまむら営農センターを望む風景(令和3年6月1日撮影)

令和3年6月1日の上陽地区の様子

上陽地区から赤城山を望む風景(令和3年6月1日撮影)

 軍配山古墳(角渕)周辺の風景

軍配山古墳(角渕)付近の様子(令和3年6月1日撮影)

※「麦秋」・・・麦の穂が実り黄金色に輝く収穫期の初夏の季節の季語であります。

群馬の小麦、玉村の小麦をご賞味ください。

 

この記事に関するお問い合わせ

経済産業課 農業委員会事務局
住所:〒370-1192 群馬県佐波郡玉村町大字下新田201
TEL:0270-64-7710
FAX:0270-65-2592