定例記者会見(令和元年6月)

公開日 2019年06月30日

更新日 2019年06月30日

令和元年6月記者会見概要

日時

6月25日(火曜日)午後1時30分から

場所

玉村町役場4階 全協室

会見内容

(1)群馬県立女子大学地域活動奨励金交付事業について

(2)町民の日記念イベントの開催について

(3)子ども食堂の運営状況について

(4)たまむら花火大会、玉村町ふるさとまつり開催について

(5)アメリカエレンズバーグ市との交流事業について

質疑応答

(記者)
Q.花火大会の取材の際は、駐車場をどこかに用意いただけるか?
(町)
A.恐縮ですが、お越しいただく際は一般の駐車場にお車をお願いしたい。

(記者)
Q.どこからの写真撮影が良いか?
(町)
A.風向きによるが、例年だと打ち上げ地点の東側が良い。

(記者)
Q.県内でも一番早く実施されるとのことだが、自治体の花火大会の中でのことか?
(町)
A.そのように考えている。

(記者)
Q.県立女子大学の奨励金は最長2年間ということで良いか?また、認定される判断基準はどのようなところがあるか?

(町)
A.1年次は10カ月、2年次は12カ月の22カ月ということになる。認定の基  準は、町外から転入してきた県立女子大学生であること、家賃に滞納がないこと等が基準となり、それに該当すれば対象者として認定される。収入要件はない。

(記者)
Q.今年度は何人くらいの応募があったか?
(町)
A.20人分の枠がある中で、12人の応募があり、12人全員が認定された。今年は定数を下回ってしまった。昨年度は定数20人のところ27人の応募があり、抽選により7人が落選してしまった。今年度は、奨励金事業のお知らせを昨年度以上に工夫したつもりだったが、定員に達しなかった。

(記者)
Q.交付決定式は7月2日で良いか?
(町)
A.7月2日の0時10分から、県立女子大学2号館6階研修室で行う

(記者)
Q.エレンズバーグ招致事業は何人くらいか?
(町)
A.中学生2人と大人2人の計4人。2組の親子。玉村町から毎年夏に中学生がエレンズバーグに行っている。その中学生を受け入れてくれるホームステイ先の家族が来る。

この記事に関するお問い合わせ

企画課
住所:〒370-1192 群馬県佐波郡玉村町大字下新田201
TEL:0270-64-7711
FAX:0270-65-2592