新型コロナウイルス感染症に係る国民健康保険税の減免

公開日 2020年05月22日

更新日 2020年05月22日

新型コロナウイルス感染症に係る国民健康保険税の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により、一定程度収入が下がるなどの世帯に対して、国民健康保険税が免除または減額となる場合があります。
対象世帯に該当する場合は、玉村町役場税務課窓口にて申請してください。

※令和2年度分(国民健康保険に加入している期間が令和2年4月以降の分)については、令和2年7月13日に賦課決定通知書を発送した後、受付開始予定です。

対象世帯

1.新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡しまたは重篤な傷病を負った世帯
2.新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入・不動産収入・山林収入または給与収入(以下「事業収入等」)の減少が見込まれ、下記の要件に全て該当する世帯
(必ず下記の(1)~(3)の要件をすべて満たすこと)
<要件>
(1)事業収入等のいずれかの減少額が前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること
(2)前年の合計所得金額が1,000万円以下であること
(3)減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万以下であること

(ご注意ください)
以下の場合は、新型コロナウイルス感染症に係る国民健康保険税の減免対象となりません。
国民健康保険法施行令第29条の7の2第2項に規定する特例対象被保険者(非自発的失業者)に該当する方は、非自発的失業者の保険税軽減制度が適用になりますので、特例対象被保険者(非自発的失業者)の保険税軽減制度の申請がお済みでない方は、申請してください。
※旧被扶養者該当による減免の該当となっている世帯は、減免の対象外となります。

減免対象となる国民健康保険税

令和元年度分および令和2年度分の国民健康保険税であって、納期限が令和2年2月1日から令和3年3月31日までものが減免の対象となります。

減免割合

上記の対象世帯のうち

1.に該当する場合・・・全額免除
2.に該当する場合・・・下記(表1)の対象保険税額(D)に表2の減額または免除の割合(E)を乗じた金額が保険税減免額となります。

(表1)

対象保険税額(D)=(A)×(B)/(C)
(A):当該世帯の被保険者全員について算定した保険税額
(B):減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額

(C):被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及び当該世帯に属する全ての被保険 者につき算定した前年の合計所得金額

(表2)

前年の合計所得 減額また免除の割合(E)
 300万円以下であるとき 対象保険税額の全額
400万円以下であるとき 10分の8
550万円以下であるとき 10分の6
750万円以下であるとき 10分の4
1000万円以下であるとき 10分の2

申請方法

申請書類を記入し、添付書類を同封して玉村町役場税務課あてに郵送してください。
添付書類は、減免申請理由に応じて用意してください。

新型コロナウイルス感染症による減免申請理由 申請書類及び添付書類
主たる生計維持者が死亡又は重篤な症状 医師の診断書
主たる生計維持者が廃業又は失業

国民健康保険税特例対象被保険者等(非自発的失業者)に係る申請書[PDF:46.6KB]
雇用保険受給資格者証の発行対象者の場合は、雇用保険受給資格者証の両面をコピーしたもの

主たる生計維持者の事業収入等が減少

新型コロナウイルス感染症の影響による収入が減少したことによる国民健康保険税減免申請書[PDF:55.3KB]
別紙 生計維持者収入見込み額計算書[PDF:54.3KB]
・令和元年分確定申告書第一表(収入金額が記載されていること)の控えのコピー
・給与所得者 令和2年1月分から申請日の直近までの給与の明細書等のコピー
・令和2年1月2日以降の転入者は、上記のほか令和2年度所得証明書と令和元年分収入額のわかる書類のコピー
上記等の、収入状況が確認できる書類(事業帳簿や給与明細など)のコピー

(ご注意ください)
※申請後、町が確認したい書類(金額)があるときは、個別に書類の提出を求めることがあります。
※減免申請書類等に不備がある場合は、いったん申請書類を返却することがあります。
※窓口の混雑を防ぐため、郵送による提出とさせていただきます。
※令和2年度分(国民健康保険に加入している期間が令和2年4月1日以降の分)については、現在受付をしています。
※事業の廃止(廃業)や失業の一部に該当する方は、前年の所得に関係なく減免割合が10割(所得300万以下と同じ)となります。
※生計維持者の減少が見込まれる収入から経費を差し引いた前年中(令和2年に提出した確定申告)の所得が0やマイナスだった場合には、3割以上の減収があっても減免対象外となります。
※新型コロナウイルス感染症による影響が生じる2~3月以前に、業績が悪化、離職(その後仕事が見つからない)、転職した(給与水準が下がった)ことが原因で収入が3割以上減少する場合には減免対象外となります。
※申請書に記載漏れや提出書類の不備がないよう提出前にご確認ください。なお、申請書に記載漏れ等がある場合は電話連絡により内容確認や追加資料等の提出をお願いすることがございますので、減免申請書の電話番号欄は日中に連絡の取れる番号を記載ください。


 

減免審査結果の通知送付予定

上記「対象世帯」のうち

1.に該当する場合・・・令和2年6月以降順次

2.に該当する場合・・・令和2年7月以降順次
(ご注意ください)
減免審査は、世帯の前年(平成31年1月から令和元年12月まで)の確定申告や町民税申告などがないと行えません。前年の所得が少額で、確定申告や町民税申告が必要ない方(加入者全員(擬制世帯主も含む)の申告が必要です。お子様等の扶養申告等や、遺族年金を受給されている方の申告も必要となります。)も至急、玉村町役場税務課で申告をお願いします。なお、令和2年1月2日以降に転入した方は、令和2年1月1日現在の住所地であった区市町村へ申告し、玉村町役場税務課にその旨を連絡してください。

申請期限

令和3年3月31日まで

この記事に関するお問い合わせ

税務課
住所:〒370-1192 群馬県佐波郡玉村町大字下新田201
TEL:0270-64-7703
FAX:0270-65-2592

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード