幼児の活動(1月)

公開日 2019年02月01日

更新日 2019年02月01日

第3回保育体験

◎15日、16日に今年度最後の保育体験が行われました。大きく成長した子供たちは、お家の人に見てもらいたいこと、褒めてもらいことがいっぱいで、思い思いの場所に夢中で手を引いていく姿が見られました。また、保護者の方は一緒に過ごすことで子供たちが頑張る姿や協力し合う姿などを微笑ましく見守っていました。来年度は統合となり新たな出会いが増えることで、子供たちの成長に更に期待が高まりそうです。

 1     3     2                                

さつまいもおはぎ作り(年長)

◎22日は年長児のさつまいもおはぎ作りでした。おやつ作りの回数を重ね、慣れた手つきで工程をこなしていく子供たち・・・。ごはんとさつまいもをよく混ぜて、おはぎの形に丸めていきました。最後にきな粉をふりかけて完成です。給食の残量が殆ど見られない就学を控えた食べ盛りの年長児は2個~3個のおはぎをぺろりと食べてしまったようです。おいしかったのですね。

 1     2     3                                                               

1月生まれの誕生会

◎23日の誕生会では5名の子供たちがお祝いをしてもらいました。いつもの月に比べて少なめの誕生児でしたが、楽しみにしてきたこともあり堂々としていてとても嬉しそうでした。今回は”キャナ&ミッキー”さんがウクレレ演奏とフラダンスを披露して一緒にお祝いをしてくれました。初めて見る3歳児は音色としなやかなダンスに食い入るように見ていました。4歳児は5歳児一緒に踊ったり歌ったり、みんなで楽しい時間を過ごしました。誕生児は招待席(前列)でたっぷりと楽しみました。5名のお友達お誕生日おめでとうございました。

 1     2     3                                                          

避難訓練(不審者)

◎25日には今年度最後の避難訓練が行われました。不審者の避難訓練は4回の練習を重ね、今回は少し設定を変えて行いました。今までの練習では北側門から不審者が現れましたが、今回は南園舎側から現れました。また子供たちに時間を伝えずに防犯ブザーと放送で知らせました。園庭の子供たちは自分の判断、あるいは近くの先生の指示で無事に室内へと避難をしました。落ち着いた後は第2次避難場所の消防コミュニティーセンターへと移動し、『いかのおすし』の約束とダンゴムシポーズの大切さなどを学びました。脇を”ギュッ”としめ体を固くし丸まることで、抱きかかえられにくくなり、更に体が重くなるそうです。一つでも大切なことを覚え、自分の命を自分なりにも大切に守ってほしいと願います。

 1     2     3                                                       

マカロニあべかわ作り(年中)

◎28日に年中児のおやつ作りを行いました。食育指導で大豆が豆腐や納豆、味噌などに変身していることを学び、今回のおやつ作りでは、実際にきな粉作りを体験してからマカロニあべかわを作りました。すり鉢で大豆を”ゴリゴリ”とすり潰していくときな粉の良い香りが廊下一面へと広がりました。きな粉が大好きな子供たちはお口の周りを何度も”ペロペロ”しながら『おいしい、おいしい』と食べました。枝豆が大豆になり、粉にすることできな粉へと変身したことをきちんと理解して味わうことができました。

 2     3     1                           

この記事に関するお問い合わせ

玉村幼稚園
住所:〒370-1135 群馬県佐波郡玉村町大字板井53-2
TEL:0270-65-7701(代表)
FAX:0270-65-7701