幼児の活動(10月)

公開日 2018年11月01日

更新日 2018年11月01日

第2回保育体験

◎1日、2日に第2回保育体験が行われました。2日目には未就園児の参加もあり賑わいました。今回は親子運動会後ということもあり遊びの他にゲームや競技にも参加していただきました。子供たちは大人に負けまいとやる気満々!保護者の方は上手に子供たちの気持ちと雰囲気を盛り上げてくれました。2回目の保育体験では子供たちの成長を改めて感じていただけた時間となっていたようです。

    2      1                           

秋の遠足(群馬フラワーパーク)

◎後期が再開してまもなく、小さな体の子供たちは運動会に向けてまっしぐらに練習を重ねてきました。そして無事にやり抜いた子供たちも、少しの間ゆったりと行事を楽しめる時期となりました。 秋の遠足は『群馬フラワーパーク』でした。遊具で遊んだり、待ち遠しいお弁当の時間を楽しんだり、友達や先生とおやつ交換もしました。交流会を重ねている南幼稚園の子供たちとも時間を合わせて遊具や簡単なゲームをして触れ合いました。秋晴れの心地よい天気に恵まれて満足そうに1日微笑む子供たちと先生たちでした。

    4      5      5                                                       

豆腐のみたらし団子作り(年長)

◎給食センター栄養士さんに教わりながら『豆腐のみたらし団子』作りを体験しました。豆腐と白玉粉を”コネコネと混ぜたり、生地を”コロコロ”と丸めたり”・・・。グツグツ”と鍋底から浮かんでくる様子やすくうことを楽しんだりと、殆んどの工程に参加することができどの子も大満足の様子でした。子供たちが遊びの中で取り組んでいる”コネコネ”や”コロコロ”がたくさん出てきて大満足の様子でした。食感も味も100点満点、かわいい美味しい笑顔でいっぱいになりました。  

    0      10      20                                                           

お米収穫(年中)

◎おにぎり作りに向けて着々と準備が進んでいます。梅干しはキュウリと和えて試食済み!後におにぎりの具材として再び登場します。稲刈り体験をしイメージが具体化されてきた子供たちからは思わず「米が食いてぇ~」の言葉が出たそうです。はざ掛けとモミスリを行った後、いよいよおにぎり作りとなります。

    7      8      9  

おにぎりづくりに向けて・・・(年中)

はざ掛けをした稲穂はますます黄金色に・・・。いよいよモミスリの開始です。一粒一粒のモミを稲穂から取り、すり鉢とソフトボールでモミスリを行っています。作業中に周囲に飛び散るお米を見て、一粒一粒きちんと拾い集める子供たちでした。子供たちなりにお米一粒の大切さを感じたり、食べられることが当たり前ではなく、”ありがとう”の気持ちに少しでもつながると良いなと思います。きっとおにぎりを味わうときはいつも以上に美味しく感じられることでしょう。

    2      1      3                                    

観劇会

◎今年度も、子供たちと職員が楽しみにしている、劇団による観劇会が行われました。まずは劇団員さんと一緒に”くるくるトンネル”というお話で遊んだり、『がまくんとかえるくん』の人形劇を見たりして楽しみました。1時間という子供たちにとってはちょっぴり長い時間ではありましたが、最後まで目をまん丸にして喜び、大きな声で笑い、まるで物語の中に入り込んでいるようにやり取りを楽しみながら過ごしました。最後には人形たちとタッチもできて自然と”ありがとう”や”バイバイ”が伝えられた子供たちでした。

    09      08     07                                                            

誕生会

◎10月は6名の子供たちが誕生日を迎えました。後期が再開し、これからいよいよ就学・進級に向けてますますたくましく成長していく子供たちです。また一つ大きくなった6名の子供たちは、ステージ上からしっかりと名前や質問に答えることができました。誕生児はプレゼントを貰える他にちょっぴりお得な特典があります。前列で出し物を見ることができるのです。今月は腹話術とエプロンシアターを楽しみました。みなさんお誕生日おめでとうございます!

    2      1                                                     

避難訓練(地震・火災)

◎25日に地震・火災避難訓練が行われました。4月から練習を重ね、もしも災害が起きてしまった時に少しでも落ち着いて指示を理解したり、主体的に判断し対応したりできることを願い、取り組みの内容を広げてきました。今回は『もしも思い思いに遊んでいるときに地震が起きてしまったら・・・』を設定し、子供たちに開始時間を伝えずに行いました。前日の事前指導を受け、年少児においては少し”ドキドキ感”が感じられましたが、年長、年中児に習いながら無事避難することができました。子供たちには、慣れすぎるよりも少しの緊張感を持つことが大切なことを指導しています。また避難訓練時だけでなく、日頃から教材を使った指導を取り入れていけるよう改めて確認し合いました

    1      2  

 親子触れ合い広場

◎27日に親子ふれあい広場が行われました。休日ということもあり、家族そろって参加される方も多く、賑やかに開催され、ゲームやスタンプラリーなど園内を巡ったり、パンやジュースなど軽食をとったりするなど、約2時間自由に楽しみました。家族と存分に触れ合い満足そうに過ごす子供たちの笑顔はもちろん、周囲のお子さんを温かく見守り一緒に微笑んでくださる保護者の方の姿に感動し、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

    1      2     3                                                           

第2回玉南交流会

◎玉村幼稚園に来園するのは2度目となる南幼稚園の子供たちです。ジャンケン列車のゲームをしたり、砂場やサーキット、固定遊具などで触れ合いながら楽しい時間を一緒に過ごしたりするなど交流を深めました。ちょっぴり照れくさそうに話す姿もありましたが、楽しい時には手を合わせたり、顔を見合わせて笑い合ったりするなど距離感を縮めている様子も伺えがえました。過ごす環境はまだそれぞれですが、同じ遊び着、カラー帽子を身に着けてはしゃぐ姿や一生懸命にお片づけを進める姿は、どの子も素直でかわいらしいですね。

    3      2     1 

この記事に関するお問い合わせ

玉村幼稚園
住所:〒370-1135 群馬県佐波郡玉村町大字板井53-2
TEL:0270-65-7701(代表)
FAX:0270-65-7701