ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 生活環境 > ペット > 犬や猫の飼い方について

犬や猫の飼い方について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月18日更新

 近年のペットブームにより、犬や猫を飼う方が増加しており、これに伴い町に対して犬や猫に関する苦情が多く寄せられる ようになってきています。犬や猫を飼育している方は、他人の迷惑にならないよう適正な飼育を心がけてください。また、野良犬や野良猫に餌を与えている方にも、飼い主と同様の義務が生じますので、ご注意ください。

飼う前に考えて家族で話し合ってください

  • ペットを飼うときには、飼う前に一生飼い続けられるか家族でよく話し合ってから飼いましょう。
  • 近所の人は、犬や猫が好きな人ばかりではありません。他人に迷惑にならないようしつけをするなど、気をつけて飼いましょう。
  • 糞や毛は、きちんと片づけましょう。
  • 望まない命を増やさないために、避妊・去勢手術を受け、増えすぎないようにしましょう。
  • 動物の病気について知識を持って、予防しましょう。

飼い方の注意

犬の飼い方

  • 放し飼いは絶対にしない。(ちょっとだけ放すのも厳禁)→捕獲され、保健所から引き取る場合、返還料がかかります。
  • 散歩の際、飼い主の責任で糞は必ず持ち帰ってください。犬は自分で糞を持ち帰れません。非常にたくさんの方が、不快な思いをされています。 
  • 無駄吠えをさせないようにしましょう。悩んでいる人がたくさんいます。毎日の散歩や犬とのコミュニケーションをしっかりとり、犬にストレスを与えないようにしましょう。 
  • 飼うことの出来ない子犬を産ませないよう、避妊や去勢手術を受けさせましょう。
    玉村町ホームページ「犬猫の避妊・去勢手術費補助金について」へのリンク  
  • 犬を飼う場合は、法律に基づいて「登録」と「狂犬病予防注射の接種」が必要になります。詳しくは「犬の登録と狂犬病予防注射について」のページをご覧ください。
    玉村町ホームページ「犬の登録と狂犬病予防注射について」へのリンク

猫の飼い方

  • 猫は気ままに行動します。近所の迷惑にならないように飼いましょう。
  • 猫にも名札を付けて所有者が分かるようにしましょう。
  • 健康と安全を考えて、室内飼育をしましょう。
  • 外に出す猫は、避妊・去勢手術を行ないましょう。望まない命を増やさないようにしましょう。

飼い犬・猫が死亡した場合

登録抹消

 登録している飼い犬が死亡した場合、登録を抹消いたしますので、役場環境安全課へご連絡ください。(電話0270-64-7708)

処分

 死亡した犬(猫)は、一般廃棄物として扱われます。処分の方法は次のとおりです。

  • 事前にクリーンセンターに連絡し、可燃ごみの袋に入れて直接搬入する。
    クリーンセンター連絡先(電話0270-65-4343)
  • 可燃ごみの袋に入れて、決められた日に可燃ごみステーションへ出す。
  • 火葬や民間の動物霊園を利用する。 

都合で犬・猫が飼えなくなった場合

 長年飼っている犬や猫がどうしても飼えなくなってしまった場合には、犬・猫のためにも次の飼い主を探してあげましょう。

どうしても見つからない場合には、群馬県動物愛護センターにご連絡ください。

群馬県動物愛護センター(電話0270-75-1718)