ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

退職者医療制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月18日更新

退職者医療制度について 

 退職した人が、次の1~3にすべてあてはまる場合、本人(退職被保険者)とその扶養家族は、退職者医療制度の対象になります。

  1. 国民健康保険に加入していること
  2. 厚生年金、共済年金の受給権があり、加入期間が通算20年以上または40歳以降に10年以上であること
  3. 65歳未満の人

 ※退職者医療制度は平成27年3月末で廃止されましたが、平成27年3月31日までにこの制度に該当されている人は、その人が65歳になるまでの間は、退職者医療制度の資格が継続します。

申請時期

  年金証書を受け取ったら、すみやかに申請してください。

必要なもの

  • 保険証
  • 年金証書
  • 印鑑

対象でなくなるとき

  ■65歳になったとき
  ■退職被保険者が亡くなったとき(扶養家族は一般の国民健康保険になります)