ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金保険料の納め方

国民年金保険料の納め方

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

納付書による納付

 日本年金機構から送られてくる納付書で、毎月または前納単位で金融機関、郵便局、年金事務所で保険料を納める方法と、次のコンビニエンスストアでも納められます。

納付ができるコンビニエンスストア

セブン-イレブン、ファミリーマート、サークルKサンクス、山崎製パン(デイリーヤマザキ、ニューヤマザキデイリーストア、ヤマザキスペシャルパートナーショップ)、ポプラグループ(ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト)、ローソン、ミニストップ、セイコーマート、コミュニティ・ストア、スリーエフ、ココストア、セーブオン

口座振替による納付

 ご自身の指定する口座から、毎月または前納単位で自動的に保険料を納められる便利な方法です。

 口座振替を行う場合には、納付書、預金通帳、届出印を持って、取り扱い金融機関等の窓口でお申し込みください。

口座振替早収割引制度

 保険料を口座振替で納める人を対象に、今までの「翌月末日振替」から、「当月末日振替」へ1か月早めることにより、1か月あたり50円の割引が受けられる制度です。ご利用希望の方は、預貯金通帳、届出印、国民年金保険料納付書等を持って、金融機関、郵便局または年金事務所へお申し出ください。(既に口座振替をご利用の方で、口座振替早収割引制度を希望される場合についても届出が必要です。)

納付期限

 毎月の保険料は、翌月末日が振替日です。なお、口座振替早収割引制度をご利用される人は、当月末日が口座振替日です(末日が金融機関の休業日のときは次の営業日です)。

前納による納付

 保険料を2年分、1年分、半年分まとめて前払いすると割引される前納制度があります。

納付書による現金納付

区分前納保険料割引額納付期限
1年前納
30年4月から31年3月分
(196,080円)
192,600円
3,480円

30年5月1日

6ヵ月前納(前期)
30年4月から30年9月分
(98,040円)
97,240円
800円

30年5月1日

6ヵ月前納(後期)
30年10月から31年3月分
(98,040円)
97,240円
800円30年10月31日
2年前納
30年4月から32年3月分の場合
(393,000円)
378,580円
14,420円

30年5月1日

口座振替による振替納付

区分前納保険料割引額納付期限申込期限
1年前納
30年4月から31年3月分
(196,080円)
191,970円
4,110円30年5月1日2月末
6ヵ月前納(前期)
30年4月から30年9月分
(98,040円)
96,930円
1,110円30年5月1日2月末
6ヵ月前納(後期)
30年10月から31年3月分
(98,040円)
96,930円
1,110円30年10月31日8月末
2年前納
30年4月から32年3月分
(393,000円)
377,350円
15,650円

30年5月1日

2月末

     平成31年度保険料は16,410円(月額)です。

※( )内は保険料を毎月支払った場合の金額です。
※口座振替による1年(2年)及び前期6ヵ月前納の手続きは2月末までに、後期6ヵ月前納の手続きは8月末までにお済ませください。

 保険料を未納のままにしておくと、年金が受けられなくなることがあります。忘れずに納めましょう。2年以内の未納であれば、さかのぼって納めることができます。

その他の納付方法

電子納付

 以下のリンク先のページをご覧ください。
国民年金保険料の電子納付

クレジットカード支払い

以下のリンク先のページをご覧ください。
国民年金保険料はクレジットカードでお支払いできます