ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民年金の届出

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

国民年金の届出

 次の場合は住民課高齢者医療年金係の窓口で届出が必要になります。(本人か家族の人が届出をしてください)

こんなとき届出に必要なもの
20歳になって国民年金に加入するとき
(勤め先の厚生年金・共済組合の加入者は除く)
  • 年金事務所から送られた加入届
  • 印鑑
他の市町村から転入したとき
(第1号被保険者、任意加入被保険者のみ)
  • 年金手帳
  • 印鑑
厚生年金や共済組合を抜けたとき(60歳未満)
  • 年金手張
  • 社会保険離脱証明書など、勤務先・退職年月日の分かるもの
  • 印鑑
第3号被保険者に該当しなくなり、第1号被保険者になったとき
  • 年金手帳
  • 社会保険離脱証明書など被扶養者ではなくなった日の分かるもの
  • 印鑑

※厚生年金や共済組合に加入したときの国民年金喪失手続きに関しては、窓口での届出は原則不要です。
※本人が届出を行う場合は、あれば個人番号のわかるもの(マイナンバーカード、通知カード等)もお持ちください。

第3号被保険者の特例届出の実施

 3号被保険者期間のうち、届出を忘れていたなどにより保険料未納期間がある人は、届出をすることによって、さかのぼって納付期間として認定されます。