ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

死亡届

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月31日更新

届出期間

 死亡の事実を知った日から7日以内に、届出人が届書を作成し、死亡者の死亡地・本籍地または届出人の住所地の受付窓口に提出してください。

 正当な理由がなく期間内に届出をしないと過料に処せられます。

申請等に必要なもの

  • 死亡届(届出用紙は、死亡診断書と死体検案書が一体となっています。)
  • 届出人の印鑑

 死亡診断書(死体検案書):診断または検案した医師に書いてもらってください。

注意事項

  • 死亡届は火葬の予約をしてから届出をしてください。
  • 死亡者の国民健康保険証(国保加入のとき)、介護保険証、国民年金手帳、登録証(印鑑登録しているとき)は回収となりますので、担当窓口までお持ちください。

標準的な処理期間

死亡の記載のある戸籍が出来るまではお届出から1週間程度かかります。(お急ぎのときは、届出窓口でご相談ください。)

行政手続法(条例)等の処理基準

民法、戸籍法例等の法令

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)