ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療制度 高額療養費

後期高齢者医療制度 高額療養費

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新

高額療養費について 

1か月に支払った医療費の自己負担額が定められた限度額を超えた場合は、限度額を超えた額が「高額療養費」として支給されます。一保険医療機関での支払いは、外来も入院もそれぞれの限度額までです。ただし、低所得者2・1の人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、申請してください。

高額療養費の自己負担限度額(月額)

所得区分外来の限度額(個人ごとの限度額)外来+入院の限度額(世帯ごとの限度額)
現役並み所得者    57,600

  80,100円+1%(※1)

<44,400円>(※2)

一般

    14,000円

(年間上限額144,000円)

    57,600円

<44,400円>(※2)

低所得者2     8,000円    24,600円
低所得者1    15,000円

※1  医療費総額が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%が加算されます。
※2 過去12か月の間に外来+入院の高額療養費の支給を4回以上受ける場合は、4回目以降の限度額が44,400円にな   
   り ます。

高額療養費の計算のしかた 

1. 個人ごとに外来の自己負担額を計算
   複数の保険医療機関で「外来の限度額(個人ごとの限度額)」を超えた場合、申請によりあとから支給されます。
2. 世帯の外来・入院の自己負担額を合算 
   世帯に後期高齢者医療制度で医療を受ける人が複数いる場合は合算し、「外来+入院の限度額(世帯ごとの限度額)」 を超えた場合、申請によりあとから支給されます。

申請手続き

高額療養費に該当となる場合、群馬県後期高齢者医療広域連合から申請についてのご案内が発送されますので、お手続をしてください。

入院時の食事代

入院したときの食事代は決められた標準負担額を自己負担します。

所得区分入院したとき療養病床に入院したとき
入院時の食事代(1食あたり)食費(1食あたり)居住費(1日あたり)
現役並み所得者360円460円 (一部医療機関では420円)320円
一般
低所得者290日までの入院210円210円
過去12か月で90日を超える入院(※1)160円
低所得者1100円130円 (老齢福祉年金受給者は100円)320円 (老齢福祉年金受給者は0円)

ただし、低所得者2・1の人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受け、保険医療機関に提示すると、上記の負担額となります。

※1 平成26年8月1日から、群馬県の後期高齢者医療保険に加入される前の保険の加入期間における入院日数も90日の
   算定期間に含めることができるようになりました。詳しくはお問い合わせください。

限度額適用・標準負担額減額認定証

世帯全員が住民税非課税の方(所得区分が低所得者2・1の方)は「限度額適用・標準負担額減額認定証」を申請することができます。これを事前に医療機関の窓口に提示することで、窓口での支払いが自己負担限度額までとなります。また、入院時の食事代が減額となります。ただし、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示がないと食事代は現役並み所得者・一般区分と同じ額になりますのでご注意ください。

申請手続き

被保険者証、印鑑、身分証明書、個人番号がわかるもの をお持ちのうえ申請してください。

※本人・同世帯の人以外の代理人が申請する場合は、上記の他に本人の委任状と代理人の身分証明書が必要です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)