ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 70歳以上の国民健康保険加入者の方へ

70歳以上の国民健康保険加入者の方へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月18日更新

高齢受給者証の交付について

 国民健康保険に加入している人が70歳になると、「高齢受給者証」を交付します。
 誕生月の翌月(1日生まれの方は誕生月)から、保険証と一緒に「高齢受給者証」を医療機関の窓口に提示してください。

窓口での自己負担割合

昭和19年4月1日以前生まれの人 1割 ※ (現役並み所得者は3割)
昭和19年4月2日以降生まれの人 2割    (現役並み所得者は3割)

※自己負担割合は、本来は2割ですが1割を国が負担しますので、実際の窓口負担は1割になります。

高額療養費(70歳~74歳の人)

 次の限度額を超えた分が、申請により払い戻されます。

 区分自己負担限度額 (月額)
外来の限度額 (個人ごとに計算)入院及び世帯ごとの限度額
一定以上所得者44,400円80,100円
総医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1%の額を加算
一般12,000円44,400円
低所得者
(住民税非課税)
8,000円低所得[2] 24,600円
低所得[1] 15,000円

※70歳から74歳の方は、病院・医院等、医科・歯科の区別なく自己負担額を合算します。
※申請については、一般の高額療養費に該当した場合と同様になります。

限度額適用認定証・標準負担額減額認定証について

 低所得の方が限度額適用認定証・標準負担額減額認定証を医療機関の窓口へ提示することにより、窓口での支払いが自己負担限度額までになり、食事代についても減額になります。申請手続きについては、70歳未満の方と同様になります。