ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・子育て > 障がい者福祉 > 年金・手当(障がい者福祉)

年金・手当(障がい者福祉)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月15日更新

特別障害者手当・障害児福祉手当

 極めていちじるしい重度障害の状態にあるため、日常生活において、常時特別な介護を必要とする重度障害者(児)。所得制限、診断書の提出、要否判定等があります(2・5・8・11月に支給)。

 県からの手当となります。手当月額(H27.4~):特別障害者手当(26,620円)/障害児福祉手当(14,480円)

[手続き]手帳・印鑑・本人名義の預金通帳・専用診断書・住民票等をお持ちのうえ、健康福祉課経由で、伊勢崎保健福祉事務所へ申請。

特別児童扶養手当

 20歳未満の1~3級程度の身体障害児、A・B程度の知的障害児、精神障害(発達障害含む)を在宅にて養育している者。所得制限、専用診断書の提出、要否判定等があります(4・8・12月支給)

詳しくは 特別児童扶養手当ページへ

児童扶養手当

 児童扶養手当は、父または母と生計を同じくしていない児童が育てられている家庭の生活の安定と自立を助けるために、児童の父母や父母に代わってその児童を養育している人に支給されます。また、父母の心身に重度の障害がある場合に支給されることもあります。

詳しくは 児童扶養手当ページへ

在宅重度障害児手当

 20歳未満の障害児で保護者と同居し、かつ身体1~3級、知的A~B1の者、特別児童扶養手当支給対象児童(3・9月支給)に支給。手当月額:3,000円
※障害児福祉手当との併給不可

[手続き]手帳、印鑑、申請者名義の預金通帳をお持ちのうえ、健康福祉課へ申請。

腎臓機能障害者通院交通費

 人工透析のための通院に要した交通費を補助します。(8・12・3月支給)
※病院の送迎サービスを利用している方は対象外です。
※透析以外の治療は、対象外です。

[手続き]手帳、印鑑、通院証明書をお持ちのうえ、健康福祉課へ申請。

特定疾患見舞金

 特定医療給付受給者証、小児慢性特定医療受給者証を県より交付されている方へ36,000円を支給(1人1回限り)

[手続き]医療受給者証、預金通帳、印鑑をお持ちのうえ、健康福祉課へ申請。

心臓病児に対する心臓手術見舞金

 18歳未満の児童の心臓手術に対して、その保護者に見舞金50,000円を支給

[手続き]印鑑、預金通帳、医師の証明をお持ちのうえ、健康福祉課へ申請。

心身障害者扶養共済

 保護者の死後、障害者に終身年金を支給する。知的障害、身体障害(1~3級)等。
※加入には保護者の年齢に応じた掛け金が必要です。

[手続き]障害手帳、印鑑、住民票謄本等をお持ちのうえ、健康福祉課へご相談下さい。

障害基礎年金

詳しくは 年金ホームページへ