ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・子育て > 高齢者・介護支援 > 障害者控除対象者認定書の交付について
ホーム > 分類でさがす > ライフステージ > 老後・介護 > 介護・福祉 > 障害者控除対象者認定書の交付について

障害者控除対象者認定書の交付について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月18日更新

 障害者手帳をお持ちでなくても、介護保険の要介護認定を受けている65歳以上の方で、介護保険主治医意見書等が下記の要件を満たしている方には、「障害者控除対象者認定書」を交付します。
 所得税や住民税の申告をする際にこの認定書を提示すると、障害者控除を受けることができます。該当されるかどうかは、健康福祉課介護保険係までお問い合わせの上、窓口に申請書を提出してください。

対象者

 介護保険主治医意見書が次の認定基準に該当する場合、「障害者控除対象者認定書」を交付します。

 認定区分認定基準
障害者知的障害者(軽度・中度)に準ずる者認知症高齢者の日常生活自立度が
ランクIIa、IIbの者
身体障害者(3~6級)に準ずる者障害高齢者の日常生活自立度が
ランクAの者
特別障害者知的障害者(重度)等に準ずる者認知症高齢者の日常生活自立度が
ランクIIIa以上の者

身体障害者(1級、2級)に準ずる者ねたきり老人

障害高齢者の日常生活自立度が
ランクB以上の者

※ 申請書は健康福祉課にあります。
※ ご家族・ご本人が判定するものではありませんので介護保険係へご相談ください。
※ 認定の基準日は12月31日ですので、1月以降から交付します。