ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 町政情報 > 報道発表 > 定例記者会見 > 定例記者会見(平成30年2月)

定例記者会見(平成30年2月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月27日更新

平成30年2月記者会見概要

日時

2月20日(火曜日)午後1時30分から

場所

玉村町役場4階 全員協議会室

会見内容

(1)平成30年度玉村町一般会計予算(案)「飛躍する明日をめざす玉村町創生予算」について

(2)玉村町立小中学校・幼稚園の学期制の変更について

質疑応答

(記者)
Q.予算規模は過去何番目の規模であるか?

(総務課長)
A.過去4番目の規模である。

(記者)
Q.歳入について、町民税と固定資産税の詳細が知りたい。

(総務課長)

A.町民税(法人):  334,272,000円(18.2%増)

   町民税(個人):1,769,147,000円( 0.4%増)

  固定資産税  :1,990,147,000円(  0.9%減) である。

(記者)
Q.新産業団地開発の規模は?

(総務課長)
A.約20haで、平成30年度は意向調査と概略設計の予定である。

(記者)
Q.2学期制について父兄を対象にしたアンケートを実施したか?

(教育長)
A.小学6年生および中学3年生の全父兄を対象にアンケートを実施した。

  結果は以下の通りである。  2学期制の充実を希望     12%

                     3学期制への移行を希望  61%

                     どちらでも良い         27%