ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

玉村町学校給食センター

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月18日更新

所在地

学校給食センター
〒370-1132
群馬県佐波郡玉村町下新田62-1
電話:0270-65-6706/Fax:0270-64-5272

概要

 当町の学校給食は昭和24年に開始され、その後、昭和51年に単独校方式から共同調理場方式に移行され、小学校5校、中学校2校、幼稚園1園に給食が供給されました。

 しかし、平成3年頃から新興住宅建設が進み、それにともない転入者及び児童生徒が急増しました。給食供給数も年々増加し、当時の調理場での施設能力の限界と施設の老朽化が目立つ中、「安全・衛生・能力」の問題解決のため、施設改築が行われました。

 そして、平成8年度に旧給食センターの北側(現給食センター)に現況に対応できる給食センターが建設され、平成9年4月から稼動が開始されました。

 この建設に当たっては、従来のウエットシステムから近代的なドライシステムに設備を整え、安全・衛生・能力の向上を図り、現在小学校5校、中学校2校、幼稚園2園、福祉施設2園に給食を供給しています。

 具体的には、毎日、幼稚園約200食、小学校約2000食、中学校約1100食、福祉施設約90食、合計約3390食をつくっています。献立も豊富で、できる限り地産食材を利用しています。児童・生徒の健やかな成長を願い、学校生活が豊かになるよう、安全・安心をモットーに美味しい給食作りを心掛けています。

  • 当学校給食は主食(米飯、パン、麺)、副食、牛乳の3つが組み合った完全給食を週5回供給しています。
  • 主食(米飯、パン、麺)と牛乳は業者から供給先へ直接配送。副食(おかず)は、給食センターから配送。
  • 週5回の給食で、主食は米飯3回、パン2回の割合です。

 現在町は、平成17年度に文部科学省「学校を中心とした食育推進事業」の指定、平成18年度「栄養教諭を中核とした学校・家庭・地域の連携による食育推進事業」の指定、平成19年度・20年度(独)日本スポーツ振興センター「学校給食を中心とした学校・家庭・地域の連携推進事業」の委嘱を受けて、玉村っ子の食生活改善のための諸活動に取り組んでいます。