ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・生涯学習・スポーツ > 生涯学習 > 玉村町立図書館と生涯学習課からのお知らせ > おもしろ科学教室「ふしぎなステンドグラスをつくろう」を実施しました

おもしろ科学教室「ふしぎなステンドグラスをつくろう」を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月4日更新

平成30年度4回目のおもしろ科学教室は「ふしぎなステンドグラスをつくろう」でした。

光の波を一方向に整える役目をする偏光板を通して、光の見え方を観察します。偏光板は、スマホや液晶テレビの画面などに使われているそうです。原理は、なかなか難しいけれど、参加者みんなが作ったステンドグラスは、どれもみんなステキでした。

<授業の様子>

 ↓光や電波、音などには波の大きさや向きがあることを学びました。バネの動きで見せていただくとわかりやすかったですね。

 光の波の性質をパワーポイントで学ぶ ばねを使って、光や地震、音などの波の形の学習

 ↓偏光板を2枚合わせたり、スマホの画面に重ねて見え方を観察しました。

 偏光板2枚を合わせてみる スマホの画面を偏光板を通して観察

↓偏光板に透明なビニールやプラスティックスプーン、ラップフィルムなどをはさんで太陽光で見え方を観察(直接太陽をみてはいけません)。透明な板にセロテープを何枚も重ねてはったものは、こんな感じ。

 偏光板に透明なものをいろいろはさんで太陽光で観察 セロテープを張り付けた透明なシートを作り偏光板にはさんでみた

↓この原理で、好きなイラストのステンドグラスを作ってみました。

みんなが作ったステンドグラスの作品 みんなが作ったステンドグラスの作品2

 色を塗ってみたり、絵を切り取ってみたり。みんな工夫して、ふしぎな光のステンドグラスが作れました。

来年度もおもしろ科学教室を予定しています。たくさんの応募をお待ちしております!