ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

おもしろ科学教室(2017年9月3日)を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月4日更新

平成29年度2回目のおもしろ科学教室は「不思議な噴水を作ろう!」でした。

水は、高いところから低いところに流れますが、この装置では、低いところに置いたペットボトルの水が吹き上がりました。さて、なぜでしょう?少しむずかしかったかな。

<授業の様子>

 ↓水のとおる道はシリコンチューブを使いました。空気がもれないように、少し細かい作業でした。

 チューブの通し方を説明 フタにチューブを通す

↓チューブをつなげたら、ペットボトルに装着。あらかじめ作った段ボールの台にセット!ペットボトルに装着 段ボールの台にセット

↓水の吹き上がる原理を教えてもらいながら観察。うまく吹き上がったかな。

 吹き上がる原理の観察開設 吹き上がるところ

大きな段ボールを切って、貼って、完成です。逆光で見づらいですが、一番上の半分に切ったペットボトルの水が吹き上がってるのがご覧になれますでしょうか。コツは空気がもれないこと、チューブの長さを間違えないことです。参加してくれたみなさん、楽しく実験してくれたことと思います。

次回の「おもしろ科学教室」も、ご参加お待ちしています。