ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・生涯学習・スポーツ > 生涯学習 > 玉村町立図書館と生涯学習課からのお知らせ > 秋休み少年少女教室「ガイドたまむらの会と行く たまには☆たまむら旅キッズ」を実施しました。

秋休み少年少女教室「ガイドたまむらの会と行く たまには☆たまむら旅キッズ」を実施しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月4日更新

10月10日(火曜日)、秋休みを利用して、小学生向けのミニ旅行を実施しました。

「ガイドたまむらの会」の会員の方が計画、準備をして小学生のみなさんを案内してくました。季節外れの暑い一日でしたが、参加してくれたみんな、真剣にお話を聞いたり、楽しく過ごしたりできたようですね。

以下、当日の様子をご紹介します。

 ↓文化センターからバスに乗って、玉村八幡宮へ。梅林禰宜さまから神社参拝のお作法を教えていただきました。境内には、見どころがたくさん。見落としてしまいそうなところもガイドたまむらの方が解説してくれました。

  参拝の作法を学ぶ     手水の作法をならう 

↓拝殿に上がらせていただきました。玉串の奉納の仕方も教わりました。神社の参拝を終え日常に戻るしるしとして普段はお酒をいただきますが、この日は飴をいただきました。直会(なおらい)というそうです。

 玉串の奉納の作法を学ぶ     直会のあめをいただく

↓玉村八幡さまの南西にある、江戸の大火で奇跡的に焼け残った井田家住宅を見学。江戸時代の建物が残っているんですね。

 井田家住宅を参観する

↓次にバスはJAたまむら支所に到着。まずは手作りのおまんじゅうづくり体験、続いて、江戸時代の例幣使さまが召し上がったお食事の一部を「たまむら食の探検隊」のみなさんが再現してくださり、試食しました。例幣使さまも来てくれました。例幣使さまとは、江戸時代、京都の朝廷から日光東照宮幣帛(へいはく)をたてまつるために遣わされたお公家さまのことです。

お饅頭づくり体験    例幣使さまが来た

例幣使さまと一緒に食事   例幣使様と記念撮影

↓次に、箱石地区にあるナースコールの製造工場の株式会社ケアコムさんを訪問しました。日本全国の6割を超えるナースコールがこの玉村町の工場から出荷されるそうです!

株式会社ケアコムの工場内見学   株式会社ケアコム検品の様子

↓株式会社ケアコムさんは、たくさんの種類のナースコールを作っています。みんなが使いやすいように工夫を重ねたユニバーサルデザインの製品もたくさんありまりました。見学の後は、株式会社ケアコムさんのご厚意で、赤外線を遮ると音がなる仕組みのキットを提供してくださり、みんなで組み立ててみました。社員のみなさま、ていねいなご指導をありがとうございました。

ケアコムさんの様々な製品   赤外線の工作キット作成中

そして、このあと、100年続く老舗の和菓子屋「福嶋屋」さんで、和菓子をいただきました。今は、和菓子のほか、ロールケーキでも有名ですよね。

文化センターに戻るころには、みんな仲良しになっていました。

ガイドたまむらの会のみなさんも、また、小学生のみんなと玉村の旅をしたいとおっしゃっていました。

ご指導いただいたみなさま、参加してくれたお友達、ありがとうございました。