ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・生涯学習・スポーツ > 生涯学習 > 玉村町立図書館と生涯学習課からのお知らせ > 秋休み少年少女教室「トモヱ乳業工場見学とぶんぶく茶がまの茂林寺へ行こう」を実施しました

秋休み少年少女教室「トモヱ乳業工場見学とぶんぶく茶がまの茂林寺へ行こう」を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月12日更新

 秋休み年少女教室「トモヱ乳業工場見学とぶんぶく茶がまの茂林寺へ行こう」を10月9日(火曜日)に実施しました。玉村町の小中学校は2学期制なので秋休みがありますが、来年からは3学期制に移行するので、今年が最後の秋休みとなりました。みんな、参加してくれてありがとうございました!

トモヱ乳業さんは茨城県古河市にあり、町のバスで2時間くらいかけて行きました。

当日の様子を写真でご紹介します。

    トモヱ乳業の製品がならんでいます  牛乳瓶のふたを飛ばす遊び

左:トモヱ乳業のエントランスにて。牛乳、乳飲料、加工乳の違いを説明してくれました。コーヒー牛乳とは呼ばないそうですよ。

右:牛乳瓶のふたを飛ばして遊びました。先生は、てんじょう近くまで飛ばせてみせてくれました。ひと昔前、牛乳瓶のふたは丸い紙でできていたので、こうやって遊んだのですね。

    牛についての説明を聞く児童たち  牛乳博物館を見学している様子  

左:牛と牛乳について学びました。お母さん牛が短い命の中で、全身で作り出してくれているのですね。

右:日本で唯一の牛乳博物館。ところせましと世界の牛や牛乳についての資料が展示されていて見応えたっぷりです。 

    工場内部の複雑な構造の写真  牛の模型前で記念撮影

左:工場の内部はとても複雑でどの管に何が通っているのか、すべてコンピュータで管理されています。

右:みんなで記念撮影。牛乳やおみやげもいただきましたよ。トモヱ乳業さん、ありがとうございました!!

    館林うどんをみんなでいただいているところ  館林うどんを食べているところ

次に県内まで戻ってきて、館林市で名物の館林うどんをいただきました。こしがあってのどごしがよくてとってもおいしかったので、みんなたくさん食べましたね!タヌキの顔のらくがん付きでした。ごちそうさまでした!

   茂林寺前駅から紙芝居看板を見ながら茂林寺へ  境内にタヌキの像が並んでいる様子

左:茂林寺前駅から茂林寺までは、ぶんぶく茶がまの物語が紙芝居になっています。ここからは、ぶんぶくガイドの会の方がみんなを案内してくださいました。

右:境内にはタヌキの像がたくさんお出迎え。 

   本堂の内部を見学している様子  ガイド皆さんと一緒に記念撮影

左:本堂内部の様子。この奥にお宝の茶がまが厳重に展示されています。

右:ぶんぶくガイドの方たちと一緒に記念撮影。いろいろ教えてくださって、ありがとうございました!

 参加してくれたみんなは、とても熱心にお話を聞いたり、見学したりしていました。多くのことを学びとれたことでしょう。

 たくさんの方や企業さんに大変お世話になって、いい経験ができました。本当に、本当にありがとうございました!!