ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

おもしろ科学教室(2017年6月3日)を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月8日更新

平成29年度1回目のおもしろ科学教室は「植物で色水をつくって実験しよう」でした。

 身近な野菜や植物で、自分で作ったろか装置を使い色水をつくり、アルカリ性や酸性の水溶液を加えて色の変化を観察する実験です。

最後は、家庭の中になる液体で実験ができるよう、自分の好きな植物の色水を持ち帰りした。参加してくれたみなさん、

実験してみたかな?

<授業の様子>

↓まず、色水をつくるためのろか装置を作ります。そして、熱湯の中で植物をつぶして色水をつくります。

色水1 色水2

↓できた色水を、玉子のパックに少しずつ注ぎます。
 赤ジソ、矢車草、アサガオ、桑の実、オオキンケイギク、黒豆、ナス、ブルーベリー、バラ、つつじの植物で色を出しました。 

色水3 色水4

↓クエン酸、す、水道水、せっけん、重曹の5種類の水溶液を入れて、色の変化を観察しました。 

色水5 色水6

↓お父さん、お母さんに手伝ってもらいながら、上手に実験ができました。

色水7 色水8

色水は、キラキラしてきれいでした。

家庭で簡単に手に入るもので実験ができます。みなさんも、お試しください。

色の変化が大きいもの、あまり変化しないものとあります。いろいろ実験してみてください。

次回の「おもしろ科学教室」も、ご参加お待ちしています。