ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・生涯学習・スポーツ > 生涯学習 > 玉村町立図書館と生涯学習課からのお知らせ > 第9回さわやか教室「図書館共同企画 名作界映画会 紅白が生まれた日」を実施しました

第9回さわやか教室「図書館共同企画 名作界映画会 紅白が生まれた日」を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月30日更新

紅白歌合戦が始まった時代背景を知ることができました

  平成30年1月30日、午後1時30分から午後3時まで、第9回さわやか教室「図書館共同企画 名作映画会 」を実施いたしました。玉村町図書館で貸し出しをしているDVDをお借りして、上映しました。

 映画のタイトルは、「紅白が生まれた日」です。今や国民的行事になっている紅白歌合戦ですが、紅白歌合戦がどのようなことから放送されるようになったのかを知ることができる映画です。時代は、昭和20年の終戦からわずか4ヶ月後の大晦日です。GHQの占領下、傷ついた人々に歌声を届けようと奮闘するスタッフや歌手たちの悲喜こもごもの人間模様を描く物語です。

今回の講座参加者の感想を掲載します。

○「終戦の年の4ヶ月後に生まれたとは思えませんでした。それが今の国民的な番組になった。そんなことが知れた良い映画でした。それにしても日本人は素晴らしい。歌は元気の源にもなるのですね。」                                                     

○「私たちの知らない紅白の誕生秘話。とても感動しました。」                                                                                             

○「戦争の思い出、昨日のことのように思い出されました。時代と年には勝てないけれど。」                   

○「心のすさんだ世に幸せを与えてくれた話に感動いたしました」                                   

○「テレビでも見ました。大きい画面だと迫力があって、さらに感動しました。」