ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

講座のたまて箱「第1回 論語を読む」を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月2日更新

「学ぶ意欲の高さ 今でも続いています」

  平成28年6月1日(水曜日)に、「第1回 講座のたまて箱 論語を読む」を実施しました。

  今日は、玉村町にある嚮義堂の話から始まりました。歴史について説明した後、嚮義堂記を先生の素敵な声で読んでいただきました。日本では、学ぶことに対して深い理解があったそうです。今でも、そのことは根付いていると思います。本日、この講座に参加した方々が真剣なまなざしで学んでいたことが、その証です。

「また、漢文を書くときは古い文献を引用することが大切である。」という先生のお言葉が印象的でした。

 この講座は、論語読了まで続きます。長く充実した講座になると素敵ですね。

論語 1  論語 2

論語 3  論語 4