ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・生涯学習・スポーツ > 生涯学習 > 玉村町立図書館と生涯学習課からのお知らせ > 講座のたまて箱「創って感激 飾り巻き寿司」を実施しました

講座のたまて箱「創って感激 飾り巻き寿司」を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月23日更新

「お花、カエルに見えるかな」

 平成28年 1月23日(土曜日)に、「講座のたまて箱 創って感激 飾り巻き寿司」を実施しました。
 飾り巻き寿司は、江戸前寿司の技術の一つ「細工寿司」、房総地方の郷土料理「太巻き寿司」の技術から独自の発展を経て生まれた新しいジャンルの寿司です。日本伝統の古典柄から自然をモチーフとしたモダンなデザイン、子供に人気のデザインを取り入れるので、見る上でも楽しく、食べて美味しい巻き寿司として日々進化を続けています。
  近年、共働き家庭が増えたり、習い事に時間を費やしたりしているため、親子で何かをつくるという経験は減少しています。だからこそ、親子で協力してつくる経験は、絆を深める上で大切なことであると考え、この講座を企画しました。
 先生の優しい人柄と、丁寧な教え方のおかげで、みなさんもいきいきと飾り巻き寿司をつくっていました。「お花」と「カエル」」の模様の飾り巻き寿司、素敵な仕上がりになりました。参加者の感想を紹介します。

「飾り巻き寿司は難しいと思っていたので、今まで作ったことがなかったけれど、案外、簡単に作ることが分かりました。家庭でもこれから作ってみたいと思います。」

「普段、子供と料理を作ることがないので2人で協力して作れて良かったです。」

まぜる  花びらができた

巻きます  できあがり