ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・生涯学習・スポーツ > 生涯学習 > 玉村町立図書館と生涯学習課からのお知らせ > 講座のたまて箱「世界の味めぐり 中国への旅」を実施しました

講座のたまて箱「世界の味めぐり 中国への旅」を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月8日更新

「牡蠣と白菜の中華風煮込み、豚肉の焼売、中華風コーンスープ」

 平成28年 1月 8日(金曜日)に、「講座のたまて箱 世界の味めぐり 中国への旅」が実施されました。
 牡蠣と白菜の中華風煮込みでは、白菜を下ゆですることにより、牡蠣のおいしさを一層引き出しているように感じました。牡蠣を他のものにかえて、アレンジもできそうです。
 また、焼売の皮からあふれてしまうくらいの肉が入っていて、ボリューム満点でした。豚肉の焼売は、生姜がアクセントとなり、おいしさも満点でした。
 中華風コーンスープは、ふんわりした卵ととろみが絶妙のバランスでした。参加者は、中国へ旅をしたように、中華料理を楽しみました。
 世界の味めぐりも、次回のウクライナへの旅で最終回となります。講座の雰囲気もよく、みなさん、楽しんで料理をつくっているようです。この出会いを大切にしてほしいと思います。

今日の材料  牡蠣と白菜の中華風煮込み

焼売  できあがり