ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

おもしろ科学教室(2015年11月7日)実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月9日更新
 

 平成27年度3回目のおもしろ科学教室は『ダンボールで4Wd自動車を作ろう!』でした。

 4Wd自動車って知っているかな?

 ふつうは、前の2つのタイヤか後ろの2つのタイヤどちらかを動かすことで動いています。でも、雪道やぬかるんだ道では、2つのタイヤだけではすべって前に進めなくなってしまうことがあります。そこで、4つのタイヤ全部を動かして、進む力を強くしています。昔は4Wdというと、ジープのような特別な車でしたが、今は、ふつうの乗用車でもこの仕組みを使っている車があります。しかし、4Wdにするためには、ギアを使って複雑な仕組みを作らなくてはなりません。

 今回は、ダンボールのギザギザ部分をギアの歯車として使い、1つのモーターから4つのタイヤを動かす仕組みを作っていきました。

<授業の様子>

黒いセーターを着ているのが今回の先生、宮川先生です。
↓ていねいに教えてくれましたが、みんな歯車作りでかなり苦労しました。ちょっと難しかったかな?
おもしろ1おもしろ2おもしろ3おもしろ4

↓作るのは大変だったけど、みんなうまく走れたよ♪
おもしろ5おもしろ6

<参考文献>Web科学工作館
http://members.jcom.home.ne.jp/kobysh/experiment/cogwheel/gear4wd.html

次回のおもしろ科学教室は、来年2月6日(土曜日)です。
お楽しみに!!