ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

おもしろ科学教室(2015年9月12日)実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月14日更新

 平成27年度2回目のおもしろ科学教室は『リニアモーターを作ろう!』でした。磁石を使ってリニアモーターカーのしくみを学びました。
 車輪がないのに走るなんて不思議だね。
 これは、電流・磁界の向き・力が働く方向を考える際に使う『フレミングの左手の法則』の原理で説明できるそうです。この原理は中学校で勉強する難しい内容なので、興味のある子は自分で調べてみてね。
 今回は、とりあえず磁石で楽しんでみました。

<授業の様子>

↓本日の先生 大崎先生です。磁石を敷き詰めてレール作りの作業をしています。
おもしろ1
おもしろ2おもしろ3

↓9V乾電池をつけると、上のアルミ泊が動きます。手回し発電機も試してみました。動いているのが分かるかな?
おもしろ4
おもしろ5おもしろ6

↓これは発展したものです。銅線のコイルの中を単三電池(真ん中のオレンジ色のかたまり)が動いています。
 まるで電車が走っているみたい!
おもしろ7

<参考文献> 新しい科学2年(東京書籍)

次回のおもしろ科学教室は、11月7日(土曜日)です。お楽しみに!