ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第5回 さわやか教室を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月20日更新

「玉村町の伝承文化を訪ねて」

 平成27年 8月20日(木曜日)に、「第5回 さわやか教室」を実施しました。

 今日は「玉村町の伝承文化を訪ねて ふるさとの民話と民謡」の演題で、民俗研究家の酒井正保さんに講演していただきました。

 1 民話が教えてくれたもの
  うばすての話、恐ろしいゴロゴロ様の話、カッパのお礼の話、オサキととんがらしの話

 2 日本的の類を見ない貴重な横樽音頭
   横樽音頭の学術的価値、横樽音頭の変遷と演奏形態、日本的に例を見ない不純混合の民謡

  90分という時間があっという間に過ぎてしまうほど、参加者の心をつかんで話をしていただきました。心を育てる家庭の役割について、熱心に話をしていました。
  また、玉村町のふるさとの民話と民謡についてわかりやすく話をしていただきました。受け継がれていくふるさとの文化を知ることは、玉村というふるさとのよさを再認識するとともに、私達が次世代に語り継いでいかなければないことを実感したことと思います。みなさんも、次世代に語り継ぐには、どのようにしたらよいか、さまざまな視点で考え、今、できることから一歩一歩始めてみませんか。

    講演の様子