ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

神社・寺

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月18日更新

 みどころ情報(神社・寺)

神社・寺

稲荷神社(獅子舞)

稲荷神社(獅子舞)受け継がれる伝統の獅子舞

江戸時代元禄年間(300年前)から続く獅子舞。氏子の安泰、五穀豊穣、悪魔払いを祈願し、毎年2月11日の春祭りに上新田地区(3丁目・角町)で行われる。町指定重要無形民俗文化財。
 

所在地住所群馬県佐波郡玉村町大字上新田1590(上新田稲荷神社)
上新田公民館(上新田1880-1)
上新田地区(角町・三丁目)
開催期間2月11日(獅子舞)
交通車:高崎玉村スマートICより車で約5分
電車:高崎線新町駅より車で約10分
駐車場玉村町役場(徒歩約15分)
お問い合わせ玉村町生涯学習課文化財室:0270-30-6180

火雷神社(麦蒔神事)

火雷神社(麦蒔神事)参拝禁止の秘密の神事

雷を祀る神社で、約1,100年前に書かれた「延喜式神名帳」に名前が載る上野十二社の八宮として数えられている。九宮は伊勢崎市東上之宮町の倭(し)文(どり)神社(じんじゃ)で、火雷神社のある下之宮と相対して地名起源となっている。
学問の神様である菅原道真公の天満天神も祀られる。

 
所在地住所 群馬県佐波郡玉村町大字下之宮524(火雷神社)
開催時期旧暦10月末の午の日の午前0時頃
から旧暦11月初午の日の夜明けまで
交通車:高崎玉村スマートICから約20分
電車:JR高崎線 新町駅から車で約20分
お問い合わせ玉村町生涯学習課文化財室:0270-30-6180

花台寺(五智如来石仏)

花台寺(五智如来石仏)
那波氏一族の阿佐美氏の館跡

境内にある五智如来石仏は、元禄2年(1689)の建立で、中央の大日如来が胎蔵界の仏で他の四仏は金剛界という不思議な組み合わせで、五仏揃った貴重なものである。
境内には「生き仏」とされる墓があり、阿佐美五平が極楽往生、庶民安楽を願って往生したと伝えられる。

所在地住所群馬県佐波郡玉村町大字樋越207-4
交通車:高崎玉村スマートICから約15分
電車:JR高崎線 新町駅から車で約20分
お問い合わせ玉村町生涯学習課文化財室:0270-30-6180

神明宮(春鍬祭)

神明宮(春鍬祭)国の重要無形民俗文化財指定!

その年の豊作を願って行う田遊びの神事。江戸時代寛政10年(1798)にはすでに行われていたようで、祭りでまかれるミカンやゴシモチを拾うと縁起が良いとされている。

所在地住所 群馬県佐波郡玉村町大字樋越412-4(神明宮)
開催時期2月11日(春鍬祭)
交通車:高崎玉村スマートICから約15分
電車:JR高崎線 新町駅から車で約20分
お問い合わせ玉村町生涯学習課文化財室:0270-30-6180

住吉神社(横樽音頭)

住吉神社(横樽音頭)昔、南玉住吉神社の大祭の宵祭りでは「おこもり」と称して氏子たちが酒宴を開き、一晩中歌ったり踊ったりして夜を明かす行事があり、そのとき飲み干した空の四斗樽を横にして叩いたのが始まりといわれている。町指定重要無形民俗文化財。

所在地住所 群馬県佐波郡玉村町大字南玉760(住吉神社)
おすすめ時期10月16日(横樽音頭)
交通車:高崎玉村スマートICより車で約15分
電車:高崎線新町駅より車で約10分
お問い合わせ玉村町生涯学習課文化財室:0270-30-6180

玉村八幡宮

玉村八幡宮鎮守の森に囲まれた信仰のお社

源頼朝が鶴岡八幡宮を勧請して角渕に創設したのが始まりで、江戸時代初めに代官伊奈備前守忠次(いなびぜんのかみただつぐ)によって今の地に遷座したと伝えられる。本殿は三間社流造(さんげんしゃながれづくり)で室町後期の建築様式を残す国指定重要文化財。この他に、随神門、神楽殿、芭蕉句碑、竹内勇水句碑、力石など貴重な文化財がある。

所在地住所群馬県佐波郡玉村町大字下新田1
交通車:藤岡ICから約20分・高崎玉村スマートICより車で約5分
電車:JR高崎線 新町駅から車で約10分
バス:JR新町駅、高崎駅、前橋駅、伊勢崎駅よりバスの便がある。
駐車場あり(3箇所)
お問い合わせ玉村町生涯学習課文化財室:0270-30-6180
玉村八幡宮ホームページ(外部リンク)

角渕八幡宮

角渕八幡宮源頼朝ゆかりのお社

建久4年(1193)、源頼朝が那須野での狩の帰路、休憩した烏川の風景が鎌倉の由比ヶ浜に似ていると、同6年に鶴岡八幡宮より分祀し、建立させたと伝わる。現在の本殿は江戸後期のもの。

所在地住所群馬県佐波郡玉村町大字角渕2075-1
期間通年
交通車:藤岡ICから約20分・高崎玉村スマートICより車で約15分
電車:高崎線新町駅より車で約10分
バス:永井バス「新町駅」⇒「玉村五丁目」下車すぐ
駐車場玉村町役場(徒歩約15分)
玉村町生涯学習課文化財室:0270-30-6180

満福寺

満福寺伝説の玉が眠る寺

玉村の地名伝説ゆかりの玉が残る寺。「龍の玉」が入っているといわれる黒塗りの二重の箱が伝わるが、見ると失明するといわれ、まだ誰も見たことがない。

所在地住所群馬県佐波郡玉村町大字福島1251
交通車:藤岡ICから約20分・高崎玉村スマートICから約5分
電車:JR高崎線 新町駅から車で約15分
お問い合わせ玉村町生涯学習課文化財室:0270-30-6180